Human

日々学ぶ姿勢を大切に、お客様の痒い所に手が届く営業を目指す。

谷澤 輝守 (たにざわ てるもり)

  • 営業主任
  • 2008年 入社
  • 部署内での主な仕事: 営業

※役職・部署などは取材時のものです。

お客様のSP(セールスプロモーション)を、紙器を中心としたツール制作を通じてサポートするSP事業部。ツールと一口に言っても、そのバリエーションは様々です。そのためSP事業部の営業には、お客様の細かな要望まで聞き取り、ニーズに沿った製作物をつくる手腕が求められます。

営業主任を務める谷澤さんの目標は、「お客様の痒い所に手が届く営業」。常にお客様の要望以上のサービスを実践し、絶大な信頼を寄せられている上司を目指し、日々努力を重ねられています。
周囲から学べるものは何でも学びたいと熱意を燃やす谷澤さんに、お仕事への想いをお伺いしました。

基本を大切にする会社で、営業の力をじっくり磨きたい。

武川産業の魅力は、ものづくりの基本を大切にしていることですね。長い歴史の中で培われた経験とノウハウに基づき、一つ一つの製品を真摯につくる。一見すると地味な作業ですが、一朝一夕では真似することのできない、プロフェッショナルの真髄ではないでしょうか。その基礎がしっかりしているからこそ、新しいアイデアや製品も生み出せるのだと思います。

私自身、営業としてまだまだ学ぶことが多いですが、まずは基礎力をじっくり磨きたいですね。昔からあまり自分のスタイルにこだわらず、他の人の良いと感じたところは素直に取り入れるタイプなんです。周囲の環境から学習する熱意は人一倍強いですので、諸先輩方から学べるだけ学び、営業マンとしての核をつくっていきたいと考えています。奇をてらわず、外面だけを取り繕わず、基本を徹底して誠実に取り組む。武川産業で働く者として、そんなプロフェッショナルになりたいですね。

憧れの上司に、少しでも近づきたい。

武川産業に入って一番良かったのは、尊敬できる上司に巡り合えたことですね。その方は営業部長で、私の目標の人でもあります。常々口にされることは、ただ一つ。「いかに(お客様を)ファンにさせるか」。お客様の要望に応えるのは当然として、それ以上のサービスを通じていかにお客様の心を掴むか、ということを常に考えておられるんです。時にはお客様でさえ気付かない問題点を解決し、絶大な信頼を寄せられる上司の手腕には、感服する他ありません。

上司とのやり取りで特に印象に残っているのは、私が難しい仕事に直面して不安だった時に、暖かく背中を押して頂いたことですね。「お前はできると思ってるんだろう?お前ならできるよ。」その言葉のお陰で、自信を持って仕事を完遂できました。

お客様だけでなく、部下のハートもしっかり掴む、まさに「痒いところに手が届く」営業。そんな上司に少しでも追いつくため、日々努力を続けております。

「負けても終わりではない。」を胸にチャレンジを続ける。

営業は色々な方と関わる仕事ですから、辛いことも少なくありません。そんな時、私はニクソン元合衆国大統領の言葉を呟くようにしています。「人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ。」受験に失敗して浪人した時から、何度となく私を支えてきてくれた言葉です。大統領だった人も逆境を乗り越えてきたんだと考えると、失敗しても、それを糧にして次は必ず成功させようというファイトが沸いてくるんです。仕事も人生も、あきらめずにチャレンジを続けたいですね。

ちなみに今チャレンジしたいことは、ゴルフです。実は一度コースに出ただけで、まだ練習もまともに行けていません。今後はお客様とのコンペの機会が出てくるでしょうし、また「社会人の嗜み」として身に付ける必要性も感じていますので、何とか時間を見つけて腕を磨かねば、と思い続けております。

将来は、「マーケティング」もできる営業に。

製品の企画から制作、納品まで管理する営業の立場として、「仕事の区切り」ということを最近よく考えます。自社に紙器工場があるため、企画段階から一貫した体制で制作できるのが弊社の強みなのですが、納品する区切りで仕事は終わります。しかしながら、SPツールの使命は、お客様に納品されてからが本番な訳です。

私たちのSPツールをお客様が使うことで、どんな訴求効果があり、商品売上にどう影響したのか。いわゆるマーケティング分析を行うことも、お客様に必要なサービスだと思います。営業の基礎力を磨いた後は、こうした分野にも視野を広げていきたいですね。

ONな人々 一覧へ戻る