Human

冴え渡る注意力で、正確な「ものづくり」を指揮する。

二井 貞兒郎 (にい ていじろう)

  • 第一営業部長
  • 2001年 入社
  • 部署内での主な仕事: 営業

※役職・部署などは取材時のものです。

SP(セールスプロモーション)事業部の使命は、POPを中心とした紙器を通じて、お客様のSPを支援すること。社内に紙器工場があるため、クリエイティブ性に富んだ製品を日々生み出しています。

SP事業部において、営業の役割は重要です。クオリティの高い製品を効率良く制作できるように、全体を指揮することが求められます。第一営業部長を務める二井さんは、どんなミスも逃さない研ぎ澄まされた注意力で、常にものづくりを成功に導くプロフェッショナル。そんな二井さんに、営業への熱い想いをお聞きしました。

万全のリスクヘッジで、社員の「ものづくり魂」に応えたい。

営業として、武川産業をご存知でない方に弊社の魅力を尋ねられれば、次のように答えます。社員1人1人が、熱い「ものづくり魂」を持っていることだと。より良い製品を提供するため、時にはお客様と意見を戦わせることもありますが、それは弊社の意気込みの証です。良いものをつくるという目標に向けて一丸となって全力投球するので、社員の絆も、お客様との信頼関係も、他社に負けない自信があります。

そんな社員の熱い想いに応えるのが、営業である私の役目です。効率良く仕事を進め、納期通りに製品を提供できるように全体をディレクションします。業務は多岐にわたりますが、中でもリスクヘッジには注意しています。納期が短い案件が多く、些細なミスが命取りになるからです。たとえお客様から支給されたデータでも、もう一度自分で確認する姿勢で、リスクをゼロにするよう心がけています。社員が遺憾なく「ものづくり魂」を発揮できるよう、日々神経を研ぎ澄ませているんです。

営業は、緊張感を持って取り組むべし。

営業として特に気を付けていることは、適度な「緊張」をもって仕事に取り組むことですね。仕事を正確に遂行するため、あらゆる工程に神経を行き届かせる必要があるからです。少しでも不安要素があれば、即座にお客様に確認をとり、社員と意思統一を図ります。常に神経を尖らせることで、仕事の流れを100%把握できるように努めているんです。

緊張感の保ち方は、人によって様々ですね。私の場合、慣れた仕事は自然に集中できますが、重要な案件の場合は意識的に緊張状態をつくる工夫をします。方法は、息抜きの時間を削ること。例えば私はお酒が好きで、仕事帰りの仲間との一杯や、家での晩酌で毎日の息抜きをするのですが、納期の近い案件を掛け持つ時や新規のお客様との商談に臨む際は、数日間お酒を絶ちます。息抜きができず緊張が持続するため、営業に必要な注意力が冴え渡る訳です。好きな時間を削るのは辛いですが、必要に応じて頑張っています。

武川産業で営業をすることは、運命だったのかもしれない。

自分で言うのもなんですが、武川産業には不思議な縁を感じています。22歳で新卒入社した会社は武川産業ではありませんが、偶然にも取引があったので、若い頃からお世話になっているんですよ。私が入社した会社は20年後に解散されたので、別の業界で働いていました。その頃、またしても偶然に“あの”武川産業の人材募集を見つけたんです。何かご縁を感じたので面接に伺ったところ、武川専務が暖かく出迎えて下さりました。会うなり「久しぶり~」と気さくに声をかけて頂き、営業に採用されてはや11年。今振り返ると、入るべくして入った会社なのだと思いますね。

営業という仕事も、改めて考えると私の性格にピッタリです。納期が短い仕事にやりがいを感じるように、プライベートでも短期間で成果を出すことに興奮する性質なんです。自分に適した職業に巡り合えたと思うと、何だか得をした気分になりますね。

今よりもっと良い「ものづくり」のために、営業ができること

弊社の「ものづくり」に限界はないと、私は考えています。今よりもっと良い「ものづくり」のために、営業ができることは、制作体制の強化ですね。弊社は営業・進行管理・生産・物流と部門が分かれており、仕事の進め方や考え方も少しずつ異なっています。そのため、まずは各部門がスムーズに連携できるようなフォーマットをつくりたいと考えています。時間やコスト短縮だけではなく、よいクオリティの高い「ものづくり」を目指したいので、協力会社とのネットワーク強化にも取り掛かりたいですね。

ONな人々 一覧へ戻る