Human

「ものづくり」を楽しみながら、常に進歩することを目指す。

中村 成一 (なかむら せいいち)

  • 進行管理担当課長
  • 2010年 入社
  • 部署内での主な仕事: 生産管理、品質管理

※役職・部署などは取材時のものです。

SP(セールスプロモーション)事業部の役割は、POPを中心としたツールを提供して、お客様のSP支援を行うこと。紙に精通した熟練の技術者が揃っており、機械任せでは不可能な、こだわりのデザインを備えた紙ツールを制作しています。

進行管理を務める中村さんは、そんな熟練の技術と、技術を通じて生み出される「ものづくり」が武川産業の強みだと考えられています。「ものづくり」を楽しみながら、常に進化することを目指される中村さんに、仕事への意気込みをお伺いしました。

熟練した技術力で、決して妥協しない「ものづくり」を。

私は弊社の強みを、巧みな「ものづくり」を可能にする熟練の技術力だと考えています。お客様の要望を細部まで反映したこだわりのデザインは、機械任せでは仕上げられません。

そこで、熟練の技術者が手腕を発揮します。個人的に気に入っているのは、人の身長よりも大きな発泡スチロールの板に、大判の印刷物を手作業で寸法の狂いも無く貼り付ける加工技術ですね。何度見ても圧倒される、まさに職人芸です。弊社製品のクオリティの高さは、こうした職人芸の賜物だと思います。

この仕事を行う上で気を付けているのは、妥協しないことでしょうか。常にお客様にご満足頂ける製品をつくることは容易でありませんが、そこで壁を乗り越えられなければプロとは言えませんからね。仕事の度に目標を設け、達成のために全力を尽くします。一つの目標をクリアすると、また新しい目標が見つかるものです。壁を少しずつ乗り越える中で、「ものづくり」の技術をさらに進化させていきたいです。

一歩ずつ、前に進むことを大切に。

私、「千里の道も一歩から」ということわざが好きなんです。大きな目標のため、日々の小さな積み重ねを大切にする姿勢は、仕事においても欠かせないのではないでしょうか。私の実践する小さな取り組みは、SPツールの観察と収集。プライベートでも気になるSPツールがあればじっくりチェックし、斬新な紙ツールがあればストックするよう努めています。一見些細なものですが、いつか「ものづくり」のヒントになるかもしれませんから。

日々の積み重ねを楽しむコツは、1日の終わりに振り返りを行うことです。目標があれば、その日「できたこと」「できなかったこと」を確認し、明日「するべきこと」を設定するんです。私はこの振り返りをお風呂の中でしています。自称「風呂会議」と名付けているのですが、リラックスしながらポジティブ思考になれるのでオススメですよ。「昨日より今日、今日より明日を頑張ろう」の精神で、一歩一歩前に進んで参ります。

危機管理を徹底し、お客様より「ありがとう」を頂ける仕事に。

「ありがとう。」製品を納入し、お客様からこの言葉を頂くのが、プロとして最もやりがいを感じる瞬間です。お客様の要望に沿った製品をつくり、納期通りに提供できた証ですからね。

「ありがとう。」までの道のりは、それほど近いものではありません。私はクオリティの高い仕事を行うため、常に2つのことを重視しています。1つ目は、作業確認を徹底して「生産事故をゼロにすること」。こだわりのデザインをつくれば、製造工程も多岐に渡ります。そのため、確認漏れは必ず阻止せねばなりません。2つ目は「入念な事前準備」。1つ目と同じく、製造工程が増えるほど段取り次第で作業効率に大きな差が出るものです。ですから、事前に綿密なシミュレーションを行うことを心がけています。

このように徹底した危機管理を経て、無事に仕事を遂行できた先に「ありがとう」の一言が待っています。これから先も、常にこの言葉を頂けるプロとして活躍していきたいですね。

「ものづくり」の楽しみを、若い人にも伝えていきたい。

「ものづくり」の技術は弊社の強みですが、同時に日本の強みでもありますよね。この国は「ものづくり」大国として、今日まで経済発展を遂げてきた訳です。ですから次代を担う若い人たちにも、「ものづくり」の楽しさを伝えていきたいと考えています。電子メディアに押されつつある紙のメディアを、若い人と共に盛り上げられたら、と思います。また弊社の名称は「武川産業」であり、「産業」が付く会社であります。そのため今後は色々な業者に積極的に参入して、新しい柱をつくる仕事にも取り組みたいと考えています。

ONな人々 一覧へ戻る