Human

飽くなき好奇心で、魅力的なデザインを生み出し続ける。

塚原 誠 (つかはら まこと)

  • デザイン室長
  • 2008年 入社
  • 部署内での主な仕事: 構造設計・ディレクション

※役職・部署などは取材時のものです。

POPを中心とした紙器のSP(セールスプロモーション)ツールを手がけるSP事業部。社内に紙器工場があるため、企画から加工まで一貫した体制での制作が可能であり、クリエイティブ性の高いデザインを実現しています。

塚原さんは、このSP事業部のデザイン室を率いる室長です。「自ら体験することで、物事の本質が分かる。」をモットーとする塚原さんの強みは、飽くなき好奇心。日々の探究で養われたインスピレーションを基に、魅力的なデザインを生み出し続けています。

そんな塚原さんに仕事への思いをお伺いしました。

1人1人が「尖った」スペシャリストである企業。

武川産業の特徴は、社員それぞれが良い意味で「我が強く」、尖っているところですね。各々に得意分野があり、そのフィールドでは誰にも負けないという気概を持っているんです。

デザイナーである私の場合、インスピレーションの源である好奇心は人一倍強い自信があります。とにかく色々なジャンルに、興味の赴くままハマります。一度興味を持ったことは自分に蓄積されるので、アイデアに詰まった時など思わぬ所で役に立つんですよ。例えば私は車の構造を見るのが好きなのですが、設計の考え方をPOP制作に活かしたことがあります。アイデアの引き出しはとても重要ですから、日々好奇心を磨く努力をしています。

他の人も私の例に漏れず、尖った強みがあります。時には個性がぶつかることもありますが、結果的により良い方向に向かうんです。お互いの個性を損なうことなく、組織全体としては家族のように協力しあえる企業。それが、武川産業の魅力ですね。

プロフェッショナルとして大切にしたい2つのこと。

デザインをする際は、「プラスアルファの価値を付けること」と「とことんまで粘る」ことを重視して取り組んでいます。

プラスアルファの価値というのは、お客様から頂くご要望にプラスして更に便利な価値を付けることです。例えばPOPの場合、お客様のニーズに沿った形状にするだけでは、何か足りないと思うんです。POPの多くは人の手を使うため誤差が生じ易いツールです。仮に誰でも均一に制作できる工夫が施してあれば、お客様のメリットが増えますよね。そうした気遣いもプロには必要なのではないでしょうか。

また、納得のいくまで粘ることも大切ですよね。デザイナーなんだから当然と言われるかもしれませんが、アイデアに煮詰まると箱を組んでは崩すような試行錯誤が延々と続く訳です。さらに周囲から「遊んでいるのでは?」と冷たい視線を向けられることもあります。そこで挫けずに仕事をやり通せる人がプロだと思います。私も日々、なるべく粘るようにしています。

色々と体験する内に、本質は見えてくる。

これまで色々なデザインをしてきましたが、改めて思うのは「頭で考えているだけでは駄目だ。」ということですね。実際に手を動かす中でアイデアが浮かび、好奇心に任せて動き回る内にインスピレーションが浮かび、新しいデザインにつながっていった気がします。同時にデザインの本質も見えてきたんです。

自分で動かなければ、物事の本質は見えない。最初にこの事実に気が付いたのは、大学でのサークル活動がきっかけでした。発見を忘れないため、私はある造語をつくりました。

「試新解定(ししんかいじょう)」。文字通り「色々と新しい試みをすることで、物事の定理が見えてくる。」という意味です。若気の至りとはいえ、本質を付いた良い言葉だと思いますね。

今でも「試新解定」を実践しています。街中で変わったPOPを見つけた時は、とりあえず触りますし、変わった箱があれば、とりあえずバラします。職業病かもしれませんが、とにかく動く、体験することを大切にしたいんです。

クリエイターとしての夢は、紙の可能性を広げること。

電子メディアが普及しつつあるこの時代、紙というマテリアルは衰退傾向にありますよね。ただ紙が一切不要かというと、そうではないと思います。以前、社会学習で子供たちが訪問したことがあったのですが、ハロウィンのパッケージ制作に一生懸命取り組み、完成した際はとても喜んでいました。あの子供たちが将来親しめるような紙製品がつくれたら、と思っています。今制作しているものはSPのためのツールですが、紙そのものが主役になるような実用品の開発に取り組みたいですね。紙の可能性を広げることが、紙に関わるクリエイターとしての夢ですね。

ONな人々 一覧へ戻る